勝手気ままに書き綴りたいこと

tkouzan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 29日

ヒカリヤ ニシ

松本でのお昼は、旅館すぎもとの御主人からお薦めいただいたフレンチのお店
「ヒカリヤ・ニシ」に伺いました。
b0010585_14101652.jpg
明治に20年に建てられた商家の邸宅「光屋」を改装し3年前にオープンしたお店です。左の写真「ヒカリヤ・ヒガシ」では日本料理、右の写真、すぐ隣の「ヒカリヤ・ニシ」ではフレンチがいただけます。どちらも自家農園の無農薬野菜を使ったお料理が特徴です。ニシへは中庭を通り抜けて蔵の建物に向かいます。
b0010585_1416593.jpg
b0010585_14162073.jpg

私たちは今回軽めのコースDejeuner(デジュネ)2800円のコースを注文。最初の前菜は、
b0010585_14193687.jpg
信州産の地鶏のパテ。もっと量が少ないのかなと思いきや、意外にパテの量はしっかりめ。トマトが甘い!それにこのピンクのソースは何だと思いますか?ガリなんです!これが甘酸っぱくてパテのしょっぱさとよく合うんです。ガリのソースなんて初めてでした!!
b0010585_1443121.jpg
スープは春菊とジャガイモのスープ。普段は春菊が苦手ですが、これは美味くいただきました。春菊の苦みとジャガイモのホクホク感のある濃い味が良い相性でした。
b0010585_14593194.jpg
メインはホタテのポワレ、ニラバターソース。ホタテが香ばしくってでもジューシーで美味しかったです。付け合わせのお野菜、コゴミ、スナップエンドウ、大根、蕪、ラディッシュ、長いも、どれも野菜の味が濃くて体に良いものを食べたと実感できました。
b0010585_1543737.jpg
デザートはヨモギのブランマンジェ。ヨモギの濃い緑の味が伝わってきました。ベリーのソルベとカボチャの種の飴も美味しかったですよ♪また紅茶の器もイギリスのヴィンテージのような柄で可愛かったです。
b0010585_157725.jpg

2800円でこれは東京ではなかなか食べられないかなぁ。多分ご推薦がなければ松本でフレンチやイタリアンをいただくことは無かったと思うので(何となく松本は和食なイメージ)良いお店をご紹介いただいた”すぎもと”の御主人には感謝しています。

そういえばこのお店のシェフは私の憧れの宿、扉温泉”明神館”「ナチュレフレンチレストラン菜」にて腕をふるっていた方なんだとか!!
[PR]

by tkouzan | 2010-04-29 15:24 | 美味しいものが好き


<< くらかけ豆の浸し豆      松本の井戸巡り >>