勝手気ままに書き綴りたいこと

tkouzan.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 22日

東北の旅 〜 ③奥小安峡・大湯温泉 阿部旅館

一日目の宿泊は小安峡そばの大湯温泉の阿部旅館さん、日本秘湯を守る会の会員宿です。いつも参考にしているタビエルさんと以前見かけたCSの旅チャンネルで決めました。
b0010585_1818920.jpg
小安峡から栗駒山方面に少し戻たところにあります。民芸調の旅館です。
b0010585_23552162.jpg
旅館のすぐ外に温泉の蒸気が。す、すごい!

まずは温泉。館内の温泉。
b0010585_001251.jpg
無色透明です。効能は神経痛、リュウマチ、胃腸病、腰痛、皮膚病、婦人病などなど。

湯小屋と呼ばれる離れに内湯的なお風呂、露天風呂があります。
b0010585_031318.jpg
この坂を下って行きます。
b0010585_061584.jpg
今昔風呂。昔のたたずまいをイメージしたものなんだとか。
b0010585_03507.jpg
b0010585_041595.jpg

露天風呂が二つ。一つは温泉が湧き出す沢に面していて気分よく浸かれます。満室でなかったからか、どのお風呂も独り占めで入ることができて楽しめました。山奥ですから夜は随分と冷えてましたが、温泉に入った直後は体もポカポカでしばらく外で涼まないと部屋で汗が出てしまうほどでした。

お夕飯は地のもの中心。丁度秋ですからきのこのお料理が多かったです。
b0010585_02811100.jpg
かぼちゃのグラタン。ホクホクで美味しい。小安峡のお土産屋さんで野菜の直売所がありましてそこに、いろんなかぼちゃが売られてましたが、この辺の特産なのでしょうか??それからキノコに山菜など盛りだくさん。
b0010585_0294683.jpg
”かのか”の和え物や
b0010585_0301760.jpg
初めていただく”みずの実”のおひたし。不思議な食感でした。
b0010585_0303196.jpg
なんと、熊のお肉。
b0010585_0305576.jpg
そして皆瀬牛のステーキ。赤身がしまって美味しかったですよ。他にもお造り、岩魚、天ぷら、小さなお鍋など盛りだくさんでお腹いっぱいとなりました。

こちら温泉も旅館もとても良かったんですが、一つ問題がありまして、季節柄なのか何なのか不明なんですが、何故かカメムシが大量発生してまして(そういえば小安峡でもちょこちょこ見かけましたが)、客室の窓が開けられず、そこが少し気持ち悪かったです。でもこれまた何故か風呂場には居なかったのでまだ良かったんですがね。秘湯ですからね。
b0010585_050297.jpg
露天風呂ぞいの沢。こちらは底から温泉が湧き出てるそうで、夏は直接混浴で入浴可能だそうですよ。
[PR]

by tkouzan | 2012-10-22 00:56 | 日本が好き


<< 良いお天気      東北の旅 〜 ②小安峡 >>