勝手気ままに書き綴りたいこと

tkouzan.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 06日

東北の旅 〜 ⑩鳴子中山平温泉・琢秀(たくひで)

3日目は宮城県のこけしで有名な鳴子の中山平温泉、琢秀(たくひで)さんに宿泊しました。日本秘湯を守る会の会員宿です。
b0010585_16185199.jpg
こちら、温泉のお湯が素晴らしかったのです。”うなぎの湯”として知られているそうなんですが、とにかくお湯がとろとろなんですよ!!
b0010585_1620391.jpg
露天風呂、鶴の湯。とにかくお湯がとろとろと聞いていたので、足下に注意して入ります(笑)。ホームページによりますと、アルカリ性(古い角質を取る)硫黄泉(皮脂を取り美白効果)、炭酸水素塩泉(皮膚を軟化させる)、硫酸塩泉(肌荒れを防ぐ薬効)ともう美肌効果抜群なのです。とまぁ、入ってみたところ、本当にとろとろなんですよ!!感激ですよ、全く。こんな温泉初めて!温泉に浸かって肌がツルツルになることはありますけど、お湯自体にとろみを感じるなんぞ初体験ですよ〜。これだけのために訪れる価値有りですよ(若干興奮気味)。他にも動脈硬化、胆石、便秘症、高血圧、痛風や皮膚の切り傷、火傷にも良いんだそうです。
b0010585_16273844.jpg
こちらは内湯の長生の湯。この日も平日でしたので他にも宿泊客の方がいらっしゃいましたが殆ど独占状態で満喫できました。他にも内湯の石橋・芍薬の湯がありますが、混浴露天風呂は昨年の震災の影響で使用できません。早く復旧されると良いですよね・・。

御夕飯は大広間で頂きます。
b0010585_1637215.jpg
3日続けて岩魚を頂くと、いい加減岩魚に睨まれてる感半端ないです、ホントに(笑)。ちなみに私は魚の食べ方が下手っぴでして、川魚は尚更困る訳で毎度旦那が綺麗に処理してくれてそれを頂く訳です(汗)。
b0010585_1638452.jpg
山中にある温泉でお蕎麦は定番ですね。
b0010585_16404975.jpg
大泉ポークのきのこ鍋。やはり秋ということできのこ鍋。今回の旅行ではきのこを堪能いたしました。他にもお造り、和牛の陶板焼きなどなど盛りだくさんでした。

翌朝も温泉を満喫しフワフワな気分でおいとま致しました。とにかくこちらは温泉が超オススメです。
[PR]

by tkouzan | 2012-11-06 16:51 | 日本が好き


<< 東北の旅 〜 ⑪松島、観光船に...      東北の旅 〜 ⑨平泉・中尊寺 >>