勝手気ままに書き綴りたいこと

tkouzan.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 07日

10台のピアノコンサートin松本④

先日のゴールデンウィーク、3年ぶりに「スズキメソード・子供たちの10台のピアノコンサート」を見に松本までお邪魔して参りました。

10台のピアノを10人で(曲目によっては20人)演奏するのでダイナミックなんですが、でもタイミングがピッタリ合っているので、時々1台で演奏してるんじゃないかと錯覚してしまうくらいなんですよ。
b0010585_1443766.jpg
今回で4回目。友人の娘さんが参加する最後の公演です。とにかく今回は泣くまい、最後の彼女の参加する公演を目に耳に焼き付けようと思いきや、どしょっぱなのちびっ子たちが演奏する「キラキラ星」からウルウルと来てしまいました。周りのどん引きを避けたかったので必死に耐えました。

恥ずかしながらアメリカ時代に私もこのスズキメソードのピアノをかじっていたので、途中までの曲目は実際自分も演奏してきたもので、本帰国して8年経った今でも当時のことが思い出され懐かしく目も潤みました。今はピアノを習える環境ではないですが、いつかまた機会があれば習いたいですね。

b0010585_14121330.jpg
アメリカ時代、彼女が小学生の頃から時々近くで彼女の演奏を目にしてきました。そして初めてこの公演を見たのが彼女が14歳の時。そんな彼女ももう間もなく22歳。就職も目の前です。今回彼女が演奏するのはこの公演のフィナーレを飾るメンデルスゾーンのロンドカプリチオーソ。ここで演奏がどれだけ素晴らしかったか書きたかったのですが、やはり最後ということで曲の始まりから最後までウルウルが止まらず、嗚咽しないようにするのに必死でどんな曲だったか演奏だったか殆ど覚えていないという情けない状況でして(汗)。しょうがないので、友人にこの公演のDVD購入を依頼した始末です。

最近殆どクラシック音楽を聴いていなかったので、今回久しぶりに聴くとやはり心が癒されて良いですね。松本という周りを標高の高い山に囲まれて綺麗な川がたくさん流れている環境で聴くというのも大きいと思います。

そしてこのコンサート、とても素晴らしいと思いますので私が言うのも烏滸がましいですが、ずっと続けて行ってほしいです。
[PR]

by tkouzan | 2013-05-07 14:41


<< お久しぶりの松本      ダイナゴン >>