勝手気ままに書き綴りたいこと

tkouzan.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 07日

ケイトウのアレンジメント

いつものフラワーアレンジメントレッスン、今月はケイトウを選びました。
ケイトウ→鶏頭。確かにちょっとニワトリの頭チック。でも語源は「燃やした」。確かに炎の形にも見えなくないです。花の色が濃いだけに昔は草染めの原料としても使用されていたそうです。
b0010585_18284436.jpg
鶏頭も色んな種類があるようで今回使用したのは、
久留米ケイトウ(手前のクルクルしたもの)
羽毛ケイトウ(写真では見難いですが後ろのピンクの先が尖ったもの)
セロシア(先が尖った紫のお花)
ユーカリ
ドラセナ

ドラセナやケイトウの茎の下の部分を花瓶の大きさに合わせて切って、十文字にし花留めに使いお花を差していく形。ドラセナは巻いてホッチキスで留めて使うことが多いですが今回はこのままの形で横に広げて使ってみました。ユーカリも横に出したり、茎も曲がるのでそこを利用して丸めてこんもりとさせてみました。そこに久留米ケイトウを手前に入れ、奥に高さを出すために羽毛ケイトウを生けてみました。上手い下手は別にして、今回が一番まともにできたような気がしました(笑)。
b0010585_18404027.jpgお花の量が多いのでもう一つ小さめの花瓶を使ってアレンジ。この二つの花瓶、レッスン会場で売っている物を買ったもの。レッスンでは売っている花瓶をそのまま借りてアレンジするので、やっぱり家にある物を使ってアレンジしてます。そのほうが家に帰ってきてからも、生けやすいのです。
[PR]

by tkouzan | 2008-09-07 18:57


<< 何気に・・・      レストラン ヤマガタ >>